薬剤師を支える

かわいいナース

調剤薬局といえば病院などから出された処方箋に基づいてお客さんに必要な薬を販売するところですが、そこで薬品の調合を担当するのは薬剤師という職種です。
一方、調剤薬局には薬剤師をサポートして事務全般を取り仕切る職種も存在します。
それが、調剤事務です。
病院等の医療機関においては医療事務という職種がありますが、言わばその薬局版といったところです。
調剤事務の代表的なものとしては、レセプト事務があります。
レセプトとは保険が適用される薬剤を給付した際、患者の自己負担分を除いた費用を健康保険・国民健康保険などの保険者に請求するときに必要な書類です。
この書類を作成したり、請求事務を電算化している薬局にあってはコンピュータに必要事項を入力したりするのがレセプト事務です。
これ以外にも、処方箋の受付、会計、患者に対する薬の使用上の注意の説明なども調剤事務の範疇に含まれます。
薬剤師と異なり調剤事務には国家資格はなく、誰でもなることは可能です。
ただしいくつかの民間団体が独自の資格を認定しています。
専門的な知識が必要とされる職種であるため、こうした民間資格を取得しておくことは就職を希望する際のアピールポイントとなります。
資格取得の準備としては、専門学校に通う、通信講座を受講するなどの方法があります。
専門学校は医学・薬学系の学校がカリキュラムを設けています。
通信講座の中には、特定の講座を修了すると受験資格が得られるという、資格直結タイプのものもあります。

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31