薬局で働く

古い車椅子

医療現場における事務職として、診療報酬の請求に関する業務を行う医療事務という職種があることはよく知られていますが、薬局においても同様の性格を持った仕事があります。
それが調剤事務です。
調剤事務は主として調剤薬局に所属し、保険者に対する調剤報酬の請求に関する業務のほか、処方箋の受付、薬剤代金の支払いに係る会計業務などを行います。
もともとわが国では医療機関が調剤も行うという伝統がありましたが、1956年の医薬分業法の施行、1974年の処方箋料引き上げなどを経て徐々に分業が進み、現在では分業率が約7割に達しています。
このような進展に伴い、調剤事務の仕事も重要性を増し、需要も増えてきています。
調剤事務の仕事に国家資格はありませんが、業界団体が認定する民間資格が存在し、多くの人が通信講座等で基礎を学び資格を取得したうえで仕事に就いているというのが現状です。
資格の中には通信講座修了後に在宅受験できるものもあります。

需要が増えている

調剤事務の資格は、通信講座で取得する資格の中でも特に人気があり、年々調剤事務の仕事の需要が高まってきています。

それはなぜかというと、以前薬を処方してもらうには病院に行って診察を受けてその病院で薬を処方されていました。
病院で薬をもらうとなると診察を受けるために長い時間待って、診察が終わったらさらに薬ができるのを番号を呼ばれるまでずっと待っていなければなりませんでした。
しかし、現在では診療と薬の処方は分業となっており、病院で処方箋をもらえばあとは、併設されている調剤薬局か自宅近辺の調剤薬局で処方箋を出せば薬を処方してもらえるようになったので、効率的となり好きな時間に取にいけるように改善されているのです。
調剤薬局で、患者から処方箋を受け取り、レセプトの作成や薬代の請求、接客といった事務の仕事を調剤事務といいます。
特に資格がなくてもできる仕事ではあるのですが、調剤事務で仕事を探しているときにどのくらい知識や経験があるか、それを公的に証明するものとして調剤事務の資格があります。
通信講座などを受講して数カ月で取得することができます。
調剤事務の仕事は、高齢化社会がすすむにつてで需要が高まってくる仕事になります。
高齢化社会ともなれば患者数も増加してきますので、その分処方箋も増えます。
そうなると調剤薬局も増加し、調剤薬局事務の求人も今後ますます増えていくことが予想されます。

オススメリンク

調剤事務の知識を通信講座で学びたい方は必見!|調剤事務の通信講座ランキング

白い錠剤

自分に合った勉強

調剤薬局事務の仕事は、とくに調剤事務の資格がなくてもできる仕事ではあります。
そのため誰にでもできる仕事ではあるのですが、今後ますます医薬分業は増えていくことになります。
病院で薬をもらうのではなく、処方箋を受け取って...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2016年9月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930